FX金融商品
    ここ数年で、インターネット上で、FXやデイトレードと言った、金融取引に関する言葉を見かけない日はありません。

    これらの言葉の頻度を考えると、それだけ、関心の高い金融商品であることの表しています。しかし、金融取引は、利益も、損失も発生します。併せて、絶対に、忘れてはいけないことがあります。

    それは、投資は自己責任であることです。投資の損失が発生する場合も、往々にしてあります。投資した資金が、元本割れを起こすこともあります。そのことが理解できる人に、FXやデイトレードは向いています。

海外FXについて説明する前に簡単なFXについての説明をします

oisuereFXという言葉をご存知でしょうか。FXを簡単に説明すると「margin Foreign eXchange trading」の略称であり日本語訳では「外国為替証拠金取引」となります。物凄く簡単には「両替」の一種とも言えます。

通貨は国によって例えばアメリカならば「ドル」、イギリスならば「ポンド」、EUならば「ユーロ」、日本ならば「円」という風にそれぞれ全く価値が異なる通貨を使用しています。ですから、アメリカで通貨を使うためには円をドルに両替する必要があります。

そして、両替する時に基準となる「値」が必要になります。もし基準の値がなければお金としての信用がなくなってしまうからです。その基準となる値が「為替レート」と呼ばれるものです。このレートに従って両替が行われるわけです。よく「円安」「円高」という言葉を耳にしますがそれがこのレート関係してきます。

FXとは一種の金融取引でただ単に両替をすることを望んでいるわけではなく「利益」を期待している金融商品です。この点はバイナリーオプションでも似たようなhttp://www.binaryoptionjp.com/binary-options/highlow構造と言えます。FXで利益は発生する仕組みを簡単に説明します。はじめ「1ドル=100円」の時に1万円分のドル(100ドル)を両替(買う)とします。そして「1ドル=110円」の時に再び円に両替(売る)とします。そうするとはじめの100ドルを両替すると手元には11000円残ることが分かりますか。同じ量のドルでも10000円が11000円にと1000円分の差ができるのです。これがFXの簡単な仕組みです。為替レートが変動するからこそこのようなことができるわけです。

もう一つ重要なのがレバレッジです。レバレッジとは「てこ」です。小さいお金で大きなお金を運用することができることを「レバレッジをかける」と言います。
通常ならば手元にあるお金分しかFXの取引が出来ませんが、レバレッジを使えば「国内のFX会社」ならば25倍までのレバレッジの取引ができます。つまり手元に100万円があれば2500万円分の取引ができるのです。

レバレッジをかける最大のメリットは利益が大きくなることです。単純に25倍のレバレッジをかければ利益も通常の25倍になります。つまりレバレッジとは「大きな利益を得たい」と思っている人にとって大変魅力的なシステムなのです。

長々と説明しましたが海外FX会社と国内FX会社の大きな差はこのレバレッジです。海外FX会社のかけられるレバレッジは最高で「1000倍」です。先にも言ったように国内FX会社は最高で「25倍」までしかレバレッジはかけられません。

それの20倍のレバレッジである「1000倍」です。利益も通常1000倍となりますから少ないお金で「莫大な」利益を得ることも十分可能です。100万円持っていれば10億円分の取引ができるわけです。

しかし、気が付いた人もいると思います。「利益が大きくなるということは損益も大きいのでは?」と。その通りです。FXとは大きな利益を得るためにはそれに見合うだけの「リスク」を背負う必要があります。それが理解できる人のみが扱える金融商品なのです。

誰でもなれる兼業作家

・今時の小説家への道

作家と言えば高名な小説賞に応募し入賞して、そこから出版社との関係を作ることから始めるというのが従来の作家への道のりでしたが、今の時代はネットで小説を公開して人気が出ると編集者から声がかかり、そのまま小説家デビューするというのが、小説家になるための近道として確立しています。
最近ではネット小説を公開するためのサイトがいくつかあり、そういったサイトで小説を執筆する作家志望が大勢います。
誰でも登録して小説を公開できるので、ある程度の文章力さえあれば誰でも可能性が開けているというのが、今の時代の良いところです。
実際に何人ものネット作家が、兼業作家やプロ作家となって小説を何冊も出版するなど、毎年数多くの人たちがネット上からデビューしています。

・兼業作家が推奨されている理由

ネットからラノベ作家などになる人が多い時代ですが、今の時代の特徴として、小説一本で生きていく人よりも、本業の合間に作家活動を行っている兼業作家が多いという事実があります。
兼業作家のメリットというものは、他に収入源があることで余裕が出来るというのが一番大きな点です。
一般的な小説の場合、一巻10万字を目安に文字数の調整などを行うのですが、こういった作業が終わり実際に出版されるまでは小説執筆による収入が一切発生しないため、その間の収入を補う意味でも、兼業作家という形式が一般化しているのです。

・兼業作家として成功するための秘訣

作家として成功するために必要な事は、何よりも読者の心を掴むということが重要です。
読者の心を掴むというと難しい事のように思われますが、実際には読者の好む展開や設定というものは、すでにネット小説ではほとんど確立されていて、先人たちのテンプレートを利用するだけで、全くの初心者でもある程度の読者の支持を得ることは簡単です。
いわゆる王道的展開というものを意識して執筆するだけで、読者に受ける小説を書くことが出来ます。
他のネット小説などを一通り読めば、大体の受ける傾向というものがわかってくるため、自身の執筆活動に応用できます。
小説のアイデアはあっても肝心の文章力が無いという場合でも、今のラノベ世代を中心とした読者からは、それほど高い文章力を求められていないと言うこともあり、文章力が無くても兼業作家として成功している人は沢山いるので心配は無用です。
また兼業作家ならではの強みとしては、自身の本業の知識や経験を小説のキャラクターや設定に生かせるという強みがあり、そこから今までにない独創的な小説が生み出されるということも珍しくありません。

Copyright | FX金融商品.com