FX金融商品
    ここ数年で、インターネット上で、FXやデイトレードと言った、金融取引に関する言葉を見かけない日はありません。

    これらの言葉の頻度を考えると、それだけ、関心の高い金融商品であることの表しています。しかし、金融取引は、利益も、損失も発生します。併せて、絶対に、忘れてはいけないことがあります。

    それは、投資は自己責任であることです。投資の損失が発生する場合も、往々にしてあります。投資した資金が、元本割れを起こすこともあります。そのことが理解できる人に、FXやデイトレードは向いています。

海外FX - イートロ(eToro)入門 -

oisuere最近注目のイートロ(eToro)をご存知ですか?イートロは今までのFx業者とは全然違う、独自のポリシーを持ってサービスを提供しているFx業者です。

大きい特徴として「少ない専門家より多くの素人からの情報を集める」というコンセプトが挙げられます。この考えから仕組みを作り上げている点が、非常に画期的で先進的なのです。この会社が成功するかどうかで、今後のFx業者のあり方がが変わってくるといっても良いでしょう。口座開設は非常に簡単なので、気になる方は一度口座を開設してみてはいかがですか。

イートロはプラットフォームもまた画期的で、他のFx業者とは随分異なります。例えばXEMarketsの取引プラットフォームはMT4でレバレッジを効かせて…などとなりますが、その点イートロのプラットフォームは「金融取引をしているのだ」という力の入った感覚は余りなく、むしろゲームをしているような感覚で取り引きが出来ます。

またソーシャルネットワークシステムの仕組みを利用することで、トレーダーや投資家といつでも思ったときにつながることが可能です。これにより「みんなと一緒にやっている」という連帯感が生まれ、よりゲームに近い感覚で楽しめます。このシステムが親しみやすいと人気を呼び、現在では世界中で150万人もの人が利用しているというから驚きです。

勿論親しみやすいといってもFx取引ですので、仕組みとしては他のFx業者と変わりません。当然、比較をしても、利益の出し方やレバレッジ、スプレッド、リスクなどもすべて同じです。ただイートロは独特の考え方により「ゲーム感覚」と「ソーシャルトレーティング」を取り入れている点で、他のFx業者とは比較できません。

この大きな特徴2つを見てみましょう。

「ゲーム感覚」について

MateTrader4のような普通のFx取引画面になれている方は、このゲームの画面のようなプラットフォームに抵抗を感じるかもしれません。逆にゲームに精通している方には、とても使いやすく感じていただけるでしょう。

「ソーシャルトレーティング」について

ソーシャルトレーティング(SNS)とは、SNSやFacebook,Twitterなどに代表されるネットワークを通じて、多くの人々と情報や好みを共有できる仕組みです。イートロでは「ソーシャルトレーティング」を展開することで、掲示板やライブチャットなどを通じで様々な人々と情報を交換しながら、スキルアップしていく事が可能です。

150万人以上も利用者がいるこのイートロには、様々なレベルの方が混在しています。プロレベルの投資家から初心者レベルの方、また戦略が似ている方や、やってみたいと思っていた投資法を実施している方など、その方々と一緒に参加できるといいうのはとても魅力的で画期的な仕組みと言えます。

イートロが提供しているOpenBookというツールがあります。これを利用すると、参加者の特定期間(周・月・4半期・年別)の成績をランキングとして見ることができます。そこが、ただ感想を共有したり戦略を参考に出来るだけの、他のSNSとは大きく違うところです。