FX金融商品
    ここ数年で、インターネット上で、FXやデイトレードと言った、金融取引に関する言葉を見かけない日はありません。

    これらの言葉の頻度を考えると、それだけ、関心の高い金融商品であることの表しています。しかし、金融取引は、利益も、損失も発生します。併せて、絶対に、忘れてはいけないことがあります。

    それは、投資は自己責任であることです。投資の損失が発生する場合も、往々にしてあります。投資した資金が、元本割れを起こすこともあります。そのことが理解できる人に、FXやデイトレードは向いています。

海外FX - ThinkForex入門 -

oisuere数多く存在している海外FXブローカーの中でも、約定の力量が一際賞賛されているのがThinkForex(シンクフォレックス)です。オーストラリアのメルボルンに拠点を置くThinkForexは、その優秀な約定能力が評価され受賞歴もあるほどです。サポート体制は万全で丁寧さがThinkForexの大きな強みでもあります。

FXとは取り扱っている銘柄の数が命と言う方も多いですが、ThinkForexでは、主要な人気の通貨ペアを始めとし、インデックスやエネルギー、またメタルなどのCFDが取り揃えられており、レバレッジは最大500倍と、高レバレッジでの取引を可能にしています。また、ThinkForexで採用されているのは、ノー・ディーリン・グデスク(NDD)方式ですので、市場にダイレクトにアクセスできるのも大きな魅力です。これにより透明性の高い公平な環境を提供し、加えて低スプレッド、高い約定力の取引を実現させているのです。

ThinkForexの信用度も高く、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の許可を受けており、顧客の資産管理は、格付けランクAAを持つ銀行の信託口座で管理されています。オーストラリア最大の銀行ともいえるCommonwealth Bank(コモンウェルス銀行)ですから、信頼と安心の度合い関しては申し分ないでしょう。

参考WEB: 海外FX業者.com

更に、日本人スタッフによるサポート体制が整っている点が大きなメリットでもあります。英語で不安という方でも、十分な日本語サポートが受けられるので初心者でも安心して取引に集中することができます。

ThinkForex最大の魅力といえば、何といっても低スプレッド。例えば豪ドル/円なら0.2ピップ、ユーロ/米ドルでも同様の0.2ピップです。人気のペアである米ドル/円では0.4ピップ、英ポンド /米ドル0.6ピップというようにスプレッドの狭さに関してこれほど狭いスプレッドを提供している海外FXブローカーもいないのではないでしょうか。ThinkForexのように、低スプレッドを提供し加えて約定力の強いブローカーは、スキャルピングを狙っているトレーダーには特に向いているブローカーともいえます。

ThinkForexが用意しているアカウントは主に4種類です。スタンダード、プロ、アルゴ、cTraderがあり、それぞれ、初回に必要な最低入金額や取引手数料の有無、スプレッド幅、無料で使用可能なVPSの有無によってアカウントが分けられています。

但し、最大500倍の高いレバレッジ取引や、最小0.01の取引単位などは共通なのが嬉しいポイントでもあります。各アカウントの違いの一つとして、手数料がありますが、例えばスタンダードは取引手数料無料です。

一方プロでは手数料が発生しますが、スタンダードよりも断然有利になるスプレッドが提供されます。またアルゴでは、初回に必要な最低入金額が250万円相当以上と決められているため、まとまった資産を基に大口取引を希望するトレーダー向けといえます。

ThinkForexが用意する取引システムもそれぞれトレーダーの需要に応え様々な種類を用意しています。メタトレーダー4、cTrader、ミラートレーダー、ズルトレードを始めとし、モバイル対応も踏まえてiOSやアンドロイドでも利用できるメタトレーダー4モバイルやcTraderモバイルなどがあります。トレーダーの求める取引ツールにあわせて用意されているので、非常に便利といえるでしょう。

アカウントのプロ、アルゴの双方で無料で使用可能なVPSは、ThinkForexを選択する大きな理由の一つでもあります。世界の金融機関とクロス接続されている環境の下でThinkForexのVPSサーバーが稼動しているので、高いいセキュリティ体制が敷かれおり、かつ高い性能を兼ね備えたThinkForex VPSは、自動売買システムには最も適しています。世界中のどこからでも、自分が携帯しているパソコンやモバイル端末のiPadやiPhoneからアクセス可能なのです。